【高齢者と取り残されるペット達】高齢になり飼うことが出来なくなった犬の保護→その後のご報告:696

Estimated read time 1 min read

↓こちらで保護したペコちゃんについてご報告です。
【高齢者と取り残されるペット達】3年半も散歩をしていない犬を保護しました:683

80代夫婦がペットショップで子犬を購入しました。それが今回の主役「ペコ」ちゃん。
飼い主さんは現在94歳になり、施設に入所することが決まりました。
親族の方も高齢の方が多く、引き取ることが出来ないとの理由から、にゃいるどはーとで保護することになりました。

なぜ80代の老夫婦が、子犬を飼う前に自分の歳と照らし合わせて想像出来なかったのか。
なぜペットショップは、老夫婦に子犬を買わせたのか。

人の都合に巻き込まれるのは、いつだって動物たちです。
飼い主の高齢化と取り残されるペット達の問題を、今一度考えてみませんか?

☆★☆ ご支援のお願い みなさんの力を貸してください ★☆★

保護犬・保護猫活動は
ボランティアで無償で行っている、行政から助成金がでている

などと、誤解されている方が多いのですが、保護活動にかかる費用は、全額その活動をしている法人の自己負担です。
保護犬・保護猫の治療費や生活費、譲渡までにかかる費用は、皆様の寄付で成り立っています。皆様…

 612 total views,  2 views today

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours